即日キャッシング速報

即日キャッシング速報|今すぐ借りれるカードローンはこれ!

即日キャッシングを利用して今すぐお金を借りよう!

ホーム

困った時に役立つ即日キャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

急な出費などで、どうしても今すぐお金が必要だと困っている方も少なくありません。

 

そこで役に立つのが即日借りられるキャッシングのサービスです。あなたの強い味方になること間違いありません。

 

即日にお金を借りられるなんて審査が難しいんじゃないかと考えがちですが、実際そうでもないのです。

 

 

即日キャッシングの審査について

融資に審査は付きものです。しかし、不安に感じる事は何もありません。

 

では何故そんなにもスピーディーな融資が可能なのか、それにはわけがあります。まず「無担保・無保証」だからです。

 

無担保・無保証だと、担保の査定や保証人の資力調査が不要となります。そのため審査に掛かる時間が短縮されるのです。

 

申込本人の返済能力の調査だけで済みます。

 

次にあげられる理由として「オートスコアリング・システム」を採用している点です。

 

働いている企業先や、他社の借り入れ件数だけに頼らない、統計学を元にしたコンピューター審査システムを構築しています。

 

オートスコアリング・システムは、利用者の属性データを元に、初回貸出時の初期スコアリングと、その後の取引状況を加味したビヘイビア・スコアリングを併用しています。厳密にリスクコントロールされているのです。

 

これはコンピュータの扱いになれない人や新人社員でも入力する手順さえ覚えてしまえば、誰でもできる簡単な処理なのでスピーディーな審査が可能となるのです。

 

 

誰でも借りられるの?

正社員に限らず、パート・アルバイト・派遣・自営業でも安定した収入があれば申込可能です。

 

もちろん専業の主婦であっても内職など決まった収入があれば借りることができます。

 

審査にあたって申し込みに必要な書類も、運転免許証・健康保険証・パスポート等の身分証明書の内いずれか1点などすぐに用意できるものばかりです。

 

 

即日融資可能な企業別の特徴

モビットについて

TVCMでもお馴染みのモビット(三井住友銀行グループ)は急な出費時にも安心の即日審査・即日融資を行っています。

 

特に急ぎの人はネット申し込み後にフリーダイヤルに電話すれば、最速で対応してくれます。ここの即日融資の特徴は何と言ってもWEB完結に対応していることです。

 

店舗へ足を運ばなくてもネットとメールだけで手続きが出来てしまいます。すべてインターネット上で済むのです。それに電話連絡も郵送物もなく、カードも発行されません。

 

家族など内緒で借りたい場合は、モビットは強い味方になります。

 

当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。実質年率:4.8~18.0%、最高限度:500万円となっています。

 

プロミス(SMFGグループ)について

プロミスの即日融資の特徴としては、他社と比較して上限金利が低めに設定されている事です。即日融資を受けるには平日14時までにWEB契約完了が必要です。実質年率:4.5~17.8%、最高限度:500万円となっています。

 

なお、メールアドレスの登録、Webの明細利用の登録をすると、はじめての借入時は30日間無利息となります。

 

またプロミスレディースキャッシングというサービスもあり、女性にも安心して借りられるようになっています。

 

急な平日14時過ぎや土日祝日の即日キャッシングでも三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間振込サービスの「瞬フリ」が利用できるのです。

 

22時までに契約完了することで、キャッシングが即日でも利用でき、最短1時間融資も可能なんです。

 

たとえ口座がなくても、無人契約機でカード受取ですぐに出金でき自宅に郵送物が届くことだってありません。

 

アイフルについて

ここはスピード審査に定評があります。今すぐにお金が必要とうい時には便利です。

 

また、レディース専用ダイヤルが設置されているので女性も気兼ねすることなく安心して利用できます。

 

実質年率:4.5~18.0%、最高限度:500万円となっています。

 

イオン銀行ネットフリーローンについて

銀行本体が運営しています。そのためキャッシング時の貸金業規制法による年収制限がありません。

 

収入証明書不要、電話連絡なし、おまとめローンとしての利用も大丈夫で主婦のキャッシングにも優しいという特徴があります。

 

イオン銀行に口座があればキャッシングを即日で利用できます。実質年率:4.8~13.5%、最高限度:700万円、借入期間:1~8年となっています。

 

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)について

無人契約機の「むじんくん」が有名です。

 

即日融資が可能か判断できる「3秒診断」や楽天銀行に口座だあれば24時間振込可能など、急な利用に対応しています。

 

実質年率:4.7~18.0%、最高限度:500万円となっています。

 

またアコムではじめての契約する方は、契約の翌日から30日間無利息というサービスもあります。

 

新生銀行カードローン レイク

銀行本体が運営するキャッシング会社です。

 

ですので貸金業法ではなく銀行法に基づいて貸出を行っています。よって総量規制の対象外となります。

 

平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了すれば即日融資も可能です。

 

実施年率:4.5~18%、最高限度:500万円、こちらもはじめての借入時は30日間無利息となっています。

 

 

利息はどうなるの?

結論を言ってしまえば、決して高利ではありません。とらえ方は人それぞれですが、びっくりするような利息というのはまずないでしょう。

 

キャッシングのカードの利率は、金融機関によって若干差異があります。しかしほとんどは年率5%~18%程度です。

 

わかりやすく例を上げてみます。10日間、上限の年率18%で10万円をキャッシングしたとして、どのくらい金利が付くでしょうか。

 

100,000×0.18×10÷365(閏年は366)=493,150685

 

493円と言うことになります。500円しません。ワンコインの金額です。

 

ペットボトルのお茶をやめて水筒持参すれば浮かせられるくらいの金額なのです。

 

思っているよりもずっとキャッシングのサービスは簡単かつ、安心安全であなたの生活を支えてくれる存在なのです。即日で借りられて、いつでも返せる便利さも魅力的だといえます。

カードローン審査では勤続年数はどの程度関係あるのか?

とにかく早かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

s-20110528121053139279

友人の結婚式が同じ時期にいくつも重なってしまい、独り暮らしでなんとかやりくりしている私にとってはご祝儀やその他諸々の出費がかなりの負担でした。

 

どうやっても費用を捻出できない状態でしたので、プロミスさんで契約をすることに。

 

スマホから申し込みをしたのですが、まずは必要事項の入力から。

 

住所や勤務先等色々と打ち込まなくてはならないので、ここの作業はとても面倒でした。

 

その後身分証の写真をメールで送ったのですが、写真の容量が大きすぎたのか確認できませんとの連絡を頂き再度撮り直しをすることに。

 

写真の容量など意識したことがなかったので、普通に撮った写真がダメだと言われてしまうともうどうしたものかと困ってしまったのですが、なんとか画像編集のアプリを使って写真を加工し送ったところ大丈夫だったようです。

 

その後女性の担当者の方から電話をいただき、審査結果を教えていただきました。

 

午前中に申し込みをして、実際にATMから引き出せたのはお昼過ぎだったと思います。

 

こんなに早く簡単に借りられてしまうのかとビックリしましたが、臨時でお金が必要な時には本当に便利でとても助かりました。

必ず即日融資する為の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

s-20110523003900139279

お金を借りたい人は今すぐほしい!という方がほとんどだと思います。 そこですぐに借りたい人に選ばれているのが即日融資の可能なカードローンです。 消費者金融のカードローンは審査が早く、即日融資が可能なものが多いです。

 

即日融資とは、申し込んだその日にお金が受け取れるという意味です。

 

急いでお金が必要だと、どうしても気持ちが焦ってしまいますが手続きには必要な手順があります。 手順を間違えてしまうと、その日の融資ができなくなる場合もあるので注意が必要です。 即日融資にはネットでの申し込みのものもありますので、ネット環境の整備もきちんとしておきます。振込先の銀行口座も事前に用意しておかなければなりません。

 

注意しなければいけない点は他にもあり、即日融資ではより慎重な審査が行われますので、限度額が低くなることが多いです。 通常、ホームページで申し込みを行って審査が行われる場合、審査完了後に振り込みとなりますが、14時を過ぎると即日融資が出来なくなりますので注意しなければいけません。

 

(アコムの場合)また土日祝日はネットでは対応していないところがほとんどです。 どちらにしても14時までに審査に必要な書類を送る必要があります。審査は30分以内に完了します。 そして14時前であれば即日融資を受けることが可能で、最大500万まで借りることができますので、上手く利用すれば非常に便利なサービスと言えます。

消費者金融の種類とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

s-20110602092452139279

消費者金融といってもさまざまな種類があります。大きく分けて「銀行系消費者金融」「専業消費者金融」「信販系消費者金融」の三つになると思います。どう違うのか、説明したいと思います。

 

「銀行系消費者金融」大手の専業消費者金融と銀行が提携しているものです。こちらは、アコムやプロミスなど以前は専業消費者金融としていた会社が銀行と提携することによりか金利も比較的引く、貸付もスムーズにしてくれます。提携している銀行ATMやコンビニATMでの返済が可能となり大変便利です。

 

「専業消費者金融」大手の消費者金融がこの部類にはいるでしょう。ただ、近年の貸金業法改正により大手銀行と提携している大手の消費者金融が増えていますので銀行系消費者金融との違いが無くなってきています。

 

「信販系消費者金融」クレジットカードを発行している会社と提携している消費者金融です。クレジットカード系消費者金融と呼ばれる事もあるようです。

 

最近では、スーパーなどのクレジットカードでも借り入れ可能になってきています。クレジットカードを発行するので、審査に時間かかりますがさまざまなプランがあるのが魅力です。

 

借り入れを申し込みする際は、あまり種類にこだわらず金利や返済方法など、自分にあった会社を見つけて下さい。